エラ削りの整形手術を受ける場合に起こる可能性があるリスクを知りました

周りより自分の顔が大きいことに気づいてしまった

中学生の時にクラスの生徒全員で集合写真を撮影しましたが、その写真を見て自分が他の人よりも顔が少し大きいと気づきました。
小顔の方が可愛いというイメージが強かったので、顔が大きいことはコンプレックスになり、少しでも小顔にしたいと思って顔をマッサージしたりダイエットをするようになりました。
ダイエットをしたおかげで、首がほっそりして顔も多少は小さくなりましたが、そうなると今度気になったのが、顎から首にかけて張っているエラ部分です。
エラは張っているので、男顔になってしまい、女性らしい可愛い洋服が似合わないことに気付きました。
父がエラがはって顔が大きい男らしい顔をしているため、それが遺伝となって出てしまったようです。
ただ男性の場合は、男らしくて格好良いというイメージがありますが、女性の場合はエラがはっているのはあまり良いイメージがありません。
顔のパーツなどは気に入っているので、エラだけを何とかしたいと考えました。
そんな時、芸能界で活躍している美人女優の一人が、以前はエラがはっていたのに、今はエラがなくと顎回りがすっきりした状態になっています。
友達にあの女優はダイエットに成功したから小顔になったのかなと話すと、それは整形手術をしてエラ削りをしたんだろうと教えてくれました。
確かに痩せるだけではエラは消えることはありません。
ただその女優は横から見ても、整形手術をしたとは思えないほど綺麗になっていて、傷一つありません。
整形手術がこれほど傷跡もないほど完璧にエラ削りができるものだろうかと気になりましたし、それと同時に自分も整形手術を受けて綺麗になりたいと考えるようになりました。

周りより自分の顔が大きいことに気づいてしまった気軽に受けられるわけではない